私と共に人生を歩んだピアノ

私とピアノの出会いは小学2年生の時のことでした。
当時近所にピアノ教室があり、遊びに外へ出かけると窓ガラスの外から中でピアノを弾いている子や先生を見ながら『私もやりたいなぁ』と思っていました。
思い出せば幼稚園の頃から音楽が好きでよく歌っていました。

 

通っていた幼稚園にはオルガン教室と絵の教室があり、絵よりもオルガンが弾きたくて仕方がなかった私は親に『オルガンやりたいのになんで私は絵の教室なの』と怒って言ったこともありました。
幼稚園の頃からの思いがさらに募り、親にどうしても習いたいと何度もお願いをし、私も通うことができました。
とてもうれしくて勉強よりもピアノ、寝るよりピアノ、という生活を中学校まで続けていました。

 

合唱するよりもピアノが弾きたくて、合唱の伴奏を何度もさせてもらいました。
高校に入り学校生活や部活が忙しくなり、ピアノを弾く時間はグッと減りましたが何も考えずにピアノを弾いている時間はとても幸せでした。
結婚した今、もちろん新居にはピアノと一緒にお引っ越しして時間を見つけては弾いています。

 

今は子どもが産まれたら一緒にピアノを弾きたい、ピアノでたくさんの人を幸せにしたい、と夢でいっぱいです。
今後もピアノとともに人生を歩んでいくことでしょう。